2006年2月 平成17年度修士論文発表会が開催されました

2006年2月25日(土)09:00~16:00

日時:2006年2月25日(土)午前9時~午後4時
会場:中央大学理工学部校舎6号館2階6209号室、6210号室

同窓会から下記の方々が「同窓会賞」選定の審査員として出席し、厳正なる審査の結果「優秀賞」、「特別賞」を決定しました。
審査員は、田伏良雄、菱沼一夫、天野浩志、門原健男、秋田隆史、林正博、水口宏昭、飯塚信市、菅原正人、中村保徳の各氏。
他に、審査には参加しませんでしたが、礒野正洲、実森彰郎、西尾英臣の各氏が聴講しました。

2006年3月24日に開催される「修了式・卒業式」の席上で賞状ならびに副賞を授与し表彰を行う予定です。

≪同窓会賞とは≫

同窓会賞は、同窓会審査員が統一された「審査チェックリスト」に基づき、下に示す独自の視点により、修士論文の発表を審査し選定したものであり、修士論文内容の学問的価値あるいは当該院生の修士課程での成績等を考慮したものではありません。

【優秀賞】
下記の観点から、修士論文を審査し、審査員が合議の上、点数が上位の論文を優秀賞とする。

  • 研究の背景や目的が明確に述べられ、発表態度に好感が持てたか。
  • 説明や図表が聴講者に分かりやすく纏められていたか。
  • 発表者のオリジナリティが明確に述べられ、残った課題や将来性について言及していたか。

【特別賞】
優秀賞には届かないものの、研究内容に特徴があり、同窓会として、実用面から研究の将来性に期待したい研究発表にこの賞を与える。

 

≪優秀賞≫

今野豪君(白井研究室)会員
テーマ:ミリ波帯電波の温熱知覚特性に関する研究

中村雄太君(篠田研究室)
テーマ:Bluetoothスキャタネットにおけるリンクキャパシティ向上手法の提案

潮田隆広君(國井研究室)会員
テーマ:遠隔科学観測のための画像計測の高速高精度化及び自律対象認識に関する研究

黒木渉君(山村研究室)
テーマ:パス追跡回路-式を回路で記述するSPICE指向型数値解析法-

≪特別賞≫

胡小博君(稲葉研究室)
テーマ:インパルス大電流による直線銅線の破断メカニズム